神戸新聞文化センター

講座案内

  • 新設

# カタカムナとは? 『カタカムナ入門講座』

 日本の神社にはそれこそ「八百萬」(やおよろず)の神々が祀られています。しかし、その多くの神々が『古事記』に紹介されていることは、意外と知らないのではないか、と思われます。ましてや、それらの神様の名前がどこから来たのかは、あまり考えたことがないのではないでしょうか。今回は『カタカムナ文献』のより一層の読解を、『古事記』との関連で進めていきたいと考えます。

【秋からの日程・カリキュラム】
①11/ 8=『古事記』および『カタカムナ文献』の概要
②12/13=「アマ」と「アメ」(カタカムナのコトバと天地の創成の神々)
③ 1/10=イザナギとイザナミ(カタカムナの波動論と粒子論)
④ 2/14=アマテラスとツキヨミとスサノヲ(トライアッドの不思議)
⑤ 3/14=『古事記』に「カヌー」が描かれてあった:総論(「文献学」の楽しさ

  • 三宮KCC
  • 文学・歴史・教養
  • 月(第2)
  • 10:30~12:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 カタカムナ研究家
中西 治嘉
曜 日 月(第2)
時 間 10:30~12:00
開講月 11月
受講料 5ヵ月(5回)11,000円
教材費 テキスト代1,000円(税込)
受講会場 三宮KCC
  • 体験できます!

    • 曜日・時間2021年11月08日(月)10:30~12:00
    • 参加費2,200円
    • 教材費無料
    • 内容『カタカムナ文献』とは何か

講座を探す