神戸新聞文化センター

講座案内

  • 新設

# 絵画から読み解く仏教

洋の東西を問わず、登場人物やテーマ、意図されたエピソードがわかれば、絵画鑑賞の面白さは倍増すると言われます。これは、仏教絵画においても同様です。様々な名品をテーマとして、描かれた内容とその背後にある歴史や信仰の姿を知ることで、豊かな仏教絵画の世界を存分に楽しみ、仏教そのものが持つ魅力も堪能しましょう。

【日程・カリキュラム】
3月22日 「誰が描いた、誰を描いた -似絵-」
4月26日 「天長年間の輝き、再び ‐高雄曼荼羅‐」
5月24日 「文字が織り成す絵画 ‐金字宝塔曼荼羅‐」
6月28日 「弥勒から続く教えの継承 ‐法相曼荼羅‐」
7月26日 「朱色の衣の美しさ ‐赤釈迦‐」
8月23日 「白玉色に輝くほとけ ‐普賢菩薩像‐」
9月27日 「描かれた信仰と歴史 ‐石山寺縁起絵巻‐」

※日程、カリキュラムは変更する場合があります

  • 六甲道KCC
  • 文学・歴史・教養
  • 金(第4)
  • 13:30~15:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 種智院大学講師
那須 真裕美
曜 日 金(第4)
時 間 13:30~15:00
開講月 毎月入会できます
受講料 3ヵ月7,590円
6ヵ月13,860円
教材費 コピー代別
受講会場 六甲道KCC
  • 体験できます!

    • 曜日・時間2024年03月22日(金)13:30~15:00
    • 参加費2,310円
    • 教材費無料
    • 内容「誰が描いた、誰を描いた -似絵-」

講座を探す