神戸新聞文化センター

講座案内

心を豊かにする旧暦と季節の日本語

 日本語には美しい言葉がたくさんあります。ベストセラー「美人の日本語」の著者が旧暦や七十二候にそって、月々の「ことのは」を紹介します。豊かな言葉をたくさん心に集めるだけで、見慣れた景色が違って見えたり、毎日が輝き出したりすることでしょう。古来より伝わる暦から、日本語の美しさを再発見していきます
【日程・テーマ】
①4/11=清明・穀雨の季節と日本語「春たけなわ」花筏、二十日草など
②5/ 9=立夏・小満の季節と日本語「風薫る季節」忍び音、結び葉など
③6/13=芒種・夏至の季節と日本語「天の恵み」四葩、雨降花など
④7/11=小暑・大暑の季節と日本語「暑中お見舞い」空火照、旱星など
⑤8/ 8=立秋・処暑の季節と日本語「小さい秋」行き合いの空、秋知草など
⑥9/12=白露・秋分の季節と日本語「秋風の中で」野分晴れ、月の雫など 

  • 三宮KCC
  • 文学・歴史・社会・宗教
  • 木(第2)
  • 13:30~15:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 # 「美人の日本語」著者
山下 景子
プロフィール
兵庫県神戸市生まれ。 誕生日は7月17日。 現在、神戸市在住。 武庫川女子短期大学国文科卒業後、作詞家を目指し、 「北海道・北の讃歌コンクール」「愛知・名古屋マイソング」で 最優秀曲など、 数々の賞を受賞する。
作詞のために集めた美しい言葉の切れ端を、 メールマガジン『センスを磨き、幸せを呼ぶ~夢の言の葉~』で発行中。
初めての著書『美人の日本語』(幻冬舎)は、26万部を超えるベストセラーに。
その他の著書に『美人の日常語』『花の日本語』『現存12天守閣』(以上、幻冬舎)、 『しあわせの言の葉』(宝島社)、『暦を楽しむ美人のことば』(角川ソフィア文庫)、『オトメの和歌』(明治書院)、『二十四節気と七十二候の季節手帖』(成美堂出版)、『大切な人に使いたい美しい日本語』(大和書房)、『七十二候と日本のしきたり』(洋泉社)等がある。 最新刊は、『手紙にそえる季節の言葉 365日』。
曜 日 木(第2)
時 間 13:30~15:00
開講月 毎月入会できます
受講料 3ヵ月8,100円
受講会場 三宮KCC
  • 見学できます!

    • 曜日・時間木(第2) 13:30~15:00
    • 参加費無料

講座を探す