神戸新聞文化センター

講座案内

台湾の社会と文化 ネイティブ講師から学ぶ!知られざる台湾

 台湾は近い国ですが、日本人にはあまりよく知られていません。台湾には、歴史のいかなる時代―オランダ・スペイン支配、鄭氏政権、清国政権、日本植民地政権、戦後の国民党または民進党政権―においても、様々な類型の文化が同時に存在しています。多元文化は台湾の一大特徴です。台湾の人々は台湾に住み着いたプロセスの違いによって、また言語や風習の違いによって、様々な集団に分かれていて、それぞれのアイデンティティが形成されました。台湾は小さいですが、極めて複雑な社会です。本講座では、台湾初心者でも分かるように、文化の基礎知識を紹介しながら、台湾の社会を多角的な側面からアプローチを試みます。また、現代社会の動きに関するコラムも設けます。ネイティブの講師と一緒に気軽に異文化に親しみましょう。
【日程・テーマ】
①4/16=日本植民地時代における「南進計画」
②5/21=戦後の「南向政策」
③6/18=日本植民地時代の修学旅行
④7/16=観光旅行の実態とその推移
⑤8/ 6=文学作品から覗かれる台湾社会
⑥9/17=戦後台湾映画における日本イメージ

  • 三宮KCC
  • 文学・歴史・社会・宗教
  • 火(第3)
  • 15:30~17:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 # 龍谷大学非常勤講師
劉 梅玲
曜 日 火(第3)
時 間 15:30~17:00
開講月 毎月入会できます
受講料 6ヵ月16,200円
教材費 ※コピー代別
受講会場 三宮KCC
  • 体験できます!

    • 曜日・時間火(第3) 15:30~17:00
    • 参加費2,700円
    • 教材費無料

講座を探す