神戸新聞文化センター

講座案内

  • 新設

# 映像で探る古代エジプト文明XXXX 古代エジプトの聖都テーベとその遺跡 巨大神殿と王家の谷を探る

 ギリシアの「吟遊詩人ホメーロス」が「百門の聖都」と讃えた古代都市テーベ(現ルクソル)には、古代エジプト新王国時代の栄華を今に伝える世界遺産が数多く残されています。今回のシリーズでは、この聖なる都に残された壮大な神殿・葬祭殿や、極彩色に飾られた王家の谷の王墓、さらに、それらの造営に関わった職人・労働者の町などを、最新の映像を交えて紹介します。
【日程・カリキュラム】
①10/ 7=「至高の神アメンの館(カルナク神殿)」、②10/21=「巨大列柱とオベリスク(ルクソル神殿)」、③11/ 4=「偉大なるファラオの墓地(王家の谷)」、④11/18=「死せるファラオの葬祭殿(デール・エル・ハハリ)」、⑤12/ 2=「墓づくり職人の団地(デール・エル・メディーナ)」、⑥12/16=「貴族たちの墓を巡る(シェイク・アブデル・クルナ)」

※日程・カリキュラムは変更になる場合があります

  • 三宮KCC
  • 文学・歴史・社会・宗教
  • 土(第1・第3)
  • 13:00~15:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 京都橘大学講師
宮本 純二
曜 日 土(第1・第3)
時 間 13:00~15:00
開講月 毎月入会できます
受講料 3ヵ月13,608円
教材費 ※コピー代別
受講会場 三宮KCC
  • 体験できます!

    • 曜日・時間土(第1・第3) 13:00~15:00
    • 参加費2,268円
    • 教材費無料
    • 内容コピー代別途必要

講座を探す