神戸新聞文化センター

公開講座案内

ベストセラー『応仁の乱』の著者・呉座勇一の 争乱の日本中世史ー源平合戦を再考する

かつての日本史学会では、戦乱や合戦への関心が薄く、何十年も前の学説がそのまま踏襲されてきました。
ところが近年、日本中世史分野では「戦争論」が盛んになりました。戦乱や合戦の実態が明らかになる中で、「源平合戦は一騎打ちがメインだった」「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」など通俗的なイメージが塗り替えられつつあります。
講座では、最新の戦乱・合戦研究を紹介するとともに、相次ぐ争乱が中世社会をどのように変えていったかを論じていきます。(講師・記)

12月22日=源平合戦(1)-騎馬戦の実像
1月19日=関ヶ原の戦い(2)-源義経は戦争の天才か
いずれも日曜13:30~15:00

  • 三宮KCC
  • 公開講座
  • 2019年12月22日(日)~2020年01月19日(日) 13:30~15:00
実施日 2019年12月22日(日)~2020年01月19日(日) 13:30~15:00
定 員 55
主 催 神戸新聞文化センター
会 場 三宮KCC
講 師 国際日本文化研究センター助教
呉座勇一
参加費 5,500円 ※受付では現金のみの取り扱いとなります

講座を探す