神戸新聞文化センター

バスツアー案内

―明治維新150年記念― 知将、楠木正成の戦いとその足跡を辿る

太平記の群像の中でもとりわけ異彩を放ち、明治維新後は、天皇家に尽くした人物として再評価され、その史跡が保存顕彰さている知将「楠木正成」。その稀代の知将の人物像を、一坂先生の解説で紐解いていきます。

■湊川神社
楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれています。幕末期、多くの志士たちが訪れた正成墓「嗚呼忠臣楠子之墓」があり、碑陰に朱舜水作の賛文が刻まれています。
■観心寺
815年、弘法大師空海が真言宗の道場として再建した。開創当初は「雲心寺」と呼ばれたが、再建の際、空海が如意輪観世音菩薩を刻んで本尊とし、寺号を「観心寺」と改めました。木立が繁る境内には、弘法大師の弟子である実恵の墓や、後村上天皇御陵、楠木正成の墓などがあります。
■千早城跡
鎌倉勢との戦いで下・上赤坂城が相次いで落城したのち、1333年、楠木正成が金剛山の険しい山腹(標高666m)のところに築城し、わずかな兵力で100日間龍城、鎌倉勢を釘付けにしたことが『太平記』などで伝えられています。※片道30分程度の山道を歩きます。脚力に自信のない方はバスで待機も可能です。
■四條畷神社&小楠公墓所
四条畷の合戦で足利軍との戦いに敗れた楠木正行(まさつら)とその一族の将士24人を祀る神社。
■桜井駅跡
『青葉茂れる桜井の』で歌われる桜井駅跡は、国指定の史跡。南北朝時代の名将、楠木正成と息子・正行の決別の地として知られています。

と  き 11月18日(日)JR神戸駅浜側観光バス駐車場 午前8時 集合・出発/ 午後5時半 帰着予定
募集人員 40名(最少催行人員 22 名)
昼  食 『サガミ 松原店』にてトラベルコースを賞味
旅行代金 一般=12,800円 KCC 会 員 =11,800円(いずれも昼食代、 拝観料、 保険代含む)

  • 三宮KCC
  • バスツアー
  • 2018年11月18日(日) 8:00~17:30
実施日 2018年11月18日(日) 8:00~17:30
定 員 40
主 催 神戸新聞旅行社、神戸新聞文化センター(KCC)
場 所 JR神戸駅浜側出発
行 程 JR神戸駅浜側観光バス駐車場→湊川神社→観心寺→千早城跡→サガミ 松原店(昼食)→四條畷神社&小楠公墓所→桜井駅跡→JR神戸駅浜側観光バス駐車場※雨天決行、添乗員同行
講 師 国際日本文化研究センター共同研究員
一坂 太郎
参加費 12,800円 ※受付では現金のみの取り扱いとなります

講座を探す