神戸新聞文化センター

バスツアー案内

「明治維新」150 年記念 大人の京都旅 ―非公開文化財特別公開「京の冬の旅」で訪ねる「幕末」「明治維新」ゆかりの社寺史跡―

 KCC「大人の京都講座」講師の若村 亮先生の案内で、激動の明治維新にタイムスリップ!普段、何気なく見ている京都の街も、若村先生の解説でより魅力的に見えてくることでしょう。今回は「明治維新150 年」をテーマに京都市及び公益社団法人京都市観光協会が企画する京都の冬の観光キャンペーン「京の冬の旅」初公開の「林光院」、「東福寺・禅堂&経蔵」など西郷隆盛、薩摩藩ゆかりの地を訪ねます。※雨天決行・添乗員同行

■相国寺塔頭・林光院
薩摩藩・島津家とゆかりの深い寺院。境外墓地には、幕末の 「 蛤御門の変 」 や 「 鳥羽・伏見の戦い 」 で亡くなった藩士た
ちを弔っています。林光院庭園には「鴬宿梅」という名梅があります。村上天皇の時代、御所清涼殿の梅が枯れ死したので、代わりの梅を探され、西ノ京・紀貫之の娘の屋敷の梅が名梅なので、勅命により御所に移されることとなりました。しかしその梅には鶯の歌が書かれた短冊が書かれており天皇はその詩情を憐れみ、この梅をもとに返されたといいます。

■平安神宮
平安遷都1100 年祭(1895 年・明治28)に市民の総社として鎮座。桓武、孝明両天皇を祀り、平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築がとても美しい。神苑(名勝)は約3 万平方メートルの池泉回遊式庭園で、東、中、西、南の4 苑にわかれ、それぞれの四季の花が見事です。

■東福寺・禅堂&経蔵
禅堂:東福寺にある南北朝時代建築の重要文化財建造物。東司の北にあり、選仏場、僧堂ともいい、参禅の道場としては、現存する最古最大の建物です。
経蔵:開山聖一国師(円爾) が宋から持ち帰った書跡や貴重な書物が所蔵されています

■東福寺塔頭・即宗院
庭園は現在京都市名勝に指定され、紅葉の美しさと千両の鮮やかさで有名である。西郷隆盛公と僧月照(京都清水寺の勤皇僧) は、王政復古を志し、新撰組や幕府の追っ手を逃れこの即宗院の採薪亭で幕府転覆の策をめぐらしました。西郷隆盛公はその後の苦難を乗り越え、鳥羽伏見の戦い(慶応5 年) から勝ち進み勝利を手中にしました。戦いの戦死者524 霊を弔うためこの即宗院で斎戒沐浴し碑文を書きしたため、明治2 年に「東征戦亡の碑」を建立しました。

【日  程】 2月24日(土) JR神戸駅浜側観光バス駐車場 午前9時半 集合・出発/午後5時半 帰着予定
【講  師】 京都の旅「らくたび」 若村 亮氏
       ◆講師・若村先生は、京都市内からバスに乗車され、行程終了後に京都でバスを降りられます
【昼  食】 『京料理 六盛』 にて【手をけ弁当】を賞味
【募集人員】 40名(最少催行人員 22名)
【旅行代金】 一般(KCC非会員)=13,800円、KCC会員=12,800円(いずれも拝観料、昼食代、保険代含む)

  • 三宮KCC
  • バスツアー
  • 2018年02月24日(土) 9:30~17:30
実施日 2018年02月24日(土) 9:30~17:30
定 員 44
主 催 神戸新聞旅行社、神戸新聞文化センター(KCC)
場 所 JR神戸駅浜側 観光バス駐車場出発
講 師 京都の旅「らくたび」
若村 亮
参加費 13,800円 ※受付では現金のみの取り扱いとなります

講座を探す