神戸新聞文化センター

講座案内

# 剪画(切り絵)で神戸を描く

黒い紙を切って絵を作る「剪画(切り絵)には、独特の味わいがあります。この講座では、単にお手本を切るのではなく、自分の作品を作ることを目指します。テーマは「神戸」!切り絵初心者はもちろん、絵を描くのは初めてという方も是非ご参加下さい。
《カリキュラム》基本練習(切り方・貼り方)・図案で作品制作、練習作品を制作、野外撮影会(カメラ持参)、写真から下絵を描く、作品を描く・切る、作品を仕上げる
【講師による講座紹介を動画でみる】(別のウインドウが開きます)

  • 三宮KCC
  • 絵画
  • 木(第3)
  • 13:00~15:00
  • 一日講習会・体験講座
講 師 # 剪画作家
日本剪画協会会員・認定講師
とみさわ かよの
プロフィール
神戸のまちを剪画(切り絵)で描いている。代表作は、阪神淡路大震災時の光景を描いた連作。以後変わりゆくまちの風景や人々の生活を描いた作品に取り組む。実地取材に基いた作画と文章が特徴で、著書に「神戸・あの日よりー1995年故郷ー」がある。神戸市出身・在住。石田良介日本剪画協会会長に師事。日本剪画協会会員・認定講師、神戸芸術文化会議会員、半どんの会会員、神戸新聞文化センター講師。平成5年「印象 神戸」絵画展入選。平成25年度神戸市文化奨励賞受賞、平成26年度半どんの会及川記念芸術文化奨励賞受賞。
曜 日 木(第3)
時 間 13:00~15:00
開講月 毎月入会できます
受講料 6ヵ月12,960円
教材費 教材費別
受講会場 三宮KCC
  • 体験できます!

    • 曜日・時間木(第3) 13:00~15:00
    • 参加費2,160円
    • 教材費無料
    • 内容※体験=教材費別途必要

講座を探す